私は何気なく書き残したドローイングやメモを基に粘土で形を作り、陶芸の窯で焼成して作品にしていきます。
自身の思考を1つの作品として集約していく過程で初めて自分の内側を知ることになるので最後まで何ができるか自分でもよくわかっていません。
無秩序なものを無秩序に作品としてその場所に現出させた結果、その作品を観た鑑賞者が自分の思考の中で 組み立てて何かを感じてくれたらと思います。


I make shapes out of clay based on casual drawings and notes, and then fire them in a ceramic kiln to turn them into works of art.
I am not sure what I will be able to do until the end of the process, as I get to know my inner self for the first time in the process of integrating my thoughts into a single work. As a result of making a random thing randomly appear in the space, I hope that the viewer will feel something by reassembling it in her own thoughts.

杉谷|LOS PINTXOS|広島のアートマガジン
メールアドレス kyazutaka●yahoo.co.jp(●を@に変換してください)
インスタグラム @kazutaka_sugitani

© Kazutaka Sugitani

  • インスタグラム